2019年プロ野球開幕 パリーグ順位予想

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

年が明けたと思えばもう春、新年度を迎えますね。

 

そしていよいよこの時期がやってきましたね。

2019年プロ野球が開幕します。

ということで開幕前にセ、パリーグ順位予想をしていきたいと思います(あくまで個人の見解です)

興味ない人はごめんなさい、結構マニアックになります(笑)

今回はパリーグ編です。

 

さっそく予想順位の発表です。

2019年プロ野球 パリーグ予想順位

1位 ソフトバンク

2位 西武

3位 日本ハム

4位 ロッテ

5位 楽天

6位 オリックス

と予想しました。

では戦力を見ていきたいと思います。

1位 ソフトバンクホークス

メンバー予想 

1上林 (右)
2今宮 (遊)
3柳田 (中)
4内川 (一)
5デスパイネ (DH)
6松田 (三)
7グラシアル (左)
8甲斐 (捕)
9牧原 (二)

例年補強が目立つなか浅村選手の獲得失敗などによって特に昨年と変わらない顔ぶれです。

中村晃選手が自律神経症を患いしばらく休養することになりました。

投手陣は千賀、武田、東浜投手らが柱になると思います。

侍ジャパンに選ばれた高橋礼投手、去年ブレイクした大竹耕太郎投手が期待通りの活躍をすれば楽しみです。

高橋順平、田中正義、松本裕樹投手など期待されたドラフト1位の選手が今年こそ開花するのか楽しみです。

サファテは本調子ではないようですがルーキーの甲斐野投手、支配下から這い上がった158km左腕川原らがいい働きを見せています。

野手陣は中村選手の休養の間に釜本、ミギータと呼ばれる真砂選手らが埋められるのかが注目です。

城所が抜けたのは個人的にどうかなとは思いますが福田、川島らのベテランも心強いです。

レギュラーが高齢化し後継者育成が課題とされていますが今年名乗りを上げる選手は出てくるのでしょうか?

注目選手

昨シーズン途中にブレイクし二塁手に定着した牧原選手が今年一年間どんな成績を残すかを注目したいです。

ポストシーズンを前に故障で戦列を離れ悔しい思いをしました。

千賀、甲斐の同じ学年で育成枠出身の二人とともにお立ち台に上がれるのでしょうか?

2位 西武ライオンズ

メンバー予想

1金子 (右)
2源田 (遊)
3秋山 (中)
4山川 (一)
5森 (捕)
6外崎 (二)
7栗山 (指)
8中村 (三)
9木村 (右)

昨年の優勝チーム西武は2位と予想しました。

浅村が抜けたのが大きいですがされど外崎がセカンドに回るようでまだまだ強力打線です。

長打も多い秋山が3番に回り16年の盗塁王金子侑司選手が一番に入る打線は脅威といえます。

浅村を一人で埋められる可能性があるのはメヒアですね。

そして中村剛也選手が下位打線に座るのは脅威です。

投手陣は菊池が抜けた穴はみんなで埋めることになりそうです。

去年阪神からトレードしブレークした榎田&巨人から移籍した内海が開幕絶望でドラフト1位の松本航も出遅れるようでイタイですね。

甲子園優勝経験のある今井達也投手、高橋光名投手らがそろそろ台頭してきてほしいですね。

森選手が捕手としてどんな働きを見せるかも見どころです。

注目選手

個人的に注目しているのは山田遥颯選手です。

熱男ことソフトバンクホークスの松田選手にあこがれているようで同じ三塁手で自主トレを共にし西武の熱男と呼ばれています。

彼は先天性の右耳の難聴があります。

フライが上がったときどこから声が出ているかわからず口の動きを見て判断しているというコメントも見ました。

ハンディがある中でプロ野球の世界で闘っているのがすごいですよね。

 

私も病気や障がいを持っていたことからブログを運営しているので感じるものがあります。

(関連メディア:mino rife

 

3位 日本ハムファイターズ

メンバー予想

1浅間 (三)
2西川 (右)
3王 (指)
4中田 (一)
5近藤 (指)
6大田 (中)
7石井 (二)
8石川 (捕)
9中島 (遊)

日本ハムが3位と予想します。

レアードが抜けたことによりポジションに変動があり清宮選手が戻ってくるまでに横尾選手、浅間選手らが活躍できるかがカギだといえるかもしれません。

韓国で2度の4割を記録した王、勝負強い中田の打線は強力です。

投手陣は移籍してきた金子 弌大投手、オープン戦で調子のよかった斎藤佑樹投手の活躍がカギだと思います。

注目選手

個人的には投手から転向した白村選手に注目です。

投手としても2015年に50試合以上登板しています。

日本ハムは過去にも投手から転向した糸井を育てているので期待があります。

4位 ロッテ

メンバー予想

1岡(中)
2加藤 (右)
3中村 (二)
4井上 (一)
5角中 (左)
6レアード (三)
7バルガス (指)
8田村 (捕)
9藤岡 (遊)

センターラインは侍ジャパンに選ばれた捕手田村選手、二塁手中村選手、昨年ルーキーながら全試合出場した遊撃手藤岡祐大選手と固くセンター争いに大物ルーキー藤原が絡むなど非常に充実しています。

レアード、バルガスの両外国人の成績が大きく左右しそう。

選手会長になった鈴木大地選手は3年連続全試合出場をしていましたがレアードの加入によって三塁競争が激化しそうです。

これから平沢、安田、藤原と育てば黄金期を迎えるのではないでしょうか。

投手陣は涌井投手と石川投手、ボルシンガー投手が柱でバックに70試合登板の益田投手、60試合登板の松永投手が支えます。

注目選手

ロッテで注目したいのは2年目安田選手です。

清宮選手(日本ハム)、村上選手(ヤクルト)と共に清宮世代のビッグスリーといわれています。

今はヤクルトの村上選手がリードしている感がありますが安田選手はどうなるか注目したいです。

5位 楽天

メンバー予想

1田中 (中)
2茂木 (遊)
3浅村 (二)
4島内 (左)
5ウィーラー(三)
6銀次 (一)
7ブラッシュ (右)
8オコエ (中)
9足立 (捕)

浅村の加入が大きいですね。

則本投手が出遅れるということでイタイですね。

ベテランになった岸投手、美馬投手に辛島投手、藤平投手ら若手の活躍が重要といえそうです。

田中和基選手が去年ブレークしたトリプルスリーを狙える存在です。

オコエ選手も今年で4年目を迎え今年こそ開花するのでしょうか?

打撃フォームが特徴的で話題になったブラッシュがどれだけ打てるのかが注目です。

注目選手

俊足で強肩、大学ナンバー1と称された外野手、ルーキーの辰巳選手に注目します。

 

6位 オリックス

メンバー予想

1福田 (二)
2西浦 (中)
3メネセス (指)
4吉田 (右)
5頓宮 (三)
6T-岡田 (一)
7マレーロ(左)
8若月 (捕)
9安達 (遊)

打線はルーキーの頓宮選手が和製大砲になるのか注目です。

侍ジャパンでも4番を打った吉田正尚選手が今年30本塁打、100打点を超えるのでしょうか。

マレーロ、ロメロ、メネセスの外国人争いもありますね。

高卒2年目の西浦選手も開幕スタメンに名を連ねそうでフルシーズンでどのくらいの成績を残すでしょうか。

投手陣は金子投手、西勇輝投手の移籍は大きいと思います。

昨年50試合以上登板した山本投手が先発に回り、山岡投手が活躍が必須となりそうです。

注目選手

個人的な注目は5年目の宗佑磨選手に期待したいです。

特徴的な髪形で注目されましたが昨年は74試合に出場し三試合連続本塁打も記録するなど飛躍のきっかけをつかみました。

 

 

ということで今回は2019年のプロ野球順位予想パリーグ編でした。

また答え合わせしましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。