聖地を追わない夏の高校野球

今年はコロナウイルスの影響でセンバツ、夏の甲子園大会が中止されました。

何とか代替大会が行われることが決まり、まさにいま猛暑のなか必死に白球を追っている時期です。

 

人々を魅了する

高校野球はたくさんの人に愛されています。

よく何が起こるか分からないのが高校野球とも言われます。

プロ注目の選手が複数人いるようなチームが早期敗退したり、野球にかける時間、設備が豊富でないある公立進学校が有名強豪校を倒すような大金星。

ワンマンチームがどこまで勝ち上がるのか注目されたり、無名だった高校が旋風を巻き起こしたりもする。

特に興味のない人にも猛暑のなか白球を追い回す姿には誰しもが共感を覚え感動を与えられているのではないでしょうか。

 

聖地を目指さない夏

今年は甲子園を目指さない夏、目指すことはできなかった夏。

観戦してる方としても例年と比べて見方が少し違います。

勝ち上がるたびに一つ一つ聖地に近づいていく感じだったり、トーナメントの一発勝負の勝利至上的なものは例年と比べて落ち着いているのではないでしょうか。

今年は勝つことよりもこのご時世、悔いなく全力を出し切ること、観るほうも少しでも長い夏になればいいなと祈るような気持ちが強いような気がします。

 

 

強豪校には毎年スーパー1年生が入ってきて入学当初から即メンバーとして選ばれ活躍することもよく見られます。

そういった選手は中学時代から名を馳せており、進路も注目されていることも多く入学早々からファンに動向を注目され活躍を期待されます。

強豪校で1年生からレギュラーを取れるような超大物の活躍に期待しながら早くも来年、再来年のチーム力にも夢を膨らませる。

逆に将来有望とされた選手が思うように結果が出なくて小さくまとまったりする。

 

厳しい現実が垣間見える

そのようにメンバーに選ばれた下級生がいるということは同時にその分メンバーから漏れた選手もいるということです。

越境入学して厳しい環境に身を置きながらも思うような結果が出なかったり、一般生徒のような生活を犠牲にしたり、怪我をして悔しい思いをした人などもいるんだろうなと思いを馳せるのです。

上下関係や練習に耐えられなくて退部してしまったり逆に、結果は出なくても最後までやり抜いて忍耐力が強くなったりなど今後の人生に生かされる経験もある。

メンバーに選ばれなくて裏方に回り、雑用など悔しさを押さえながらチームのために徹する人、またひそかに早く引退したいと思っている人だっていると聞きます。

そういったことも経験して将来に生かされるんだろうな思います。

今年はそういったものは少ないのかなと感じます。

しかし、ベンチ入りのメンバーが試合ごとに総入れ替えできたり、今年だからこそのそうゆう試みがあって素敵なことだと思います。

 

今年の聖地を目指さない高校野球は例年とはまた違う魅力がありました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。