2019年プロ野球順位予想 セリーグ編

2019年プロ野球順位予想 セリーグ編です。

(関連記事:2019年プロ野球開幕 パリーグ順位予想

パリーグ編と同じくマニアックです(笑)

ではさっそく順位予想です。

2019年プロ野球セリーグ順位予想

1位 広島

2位 巨人

3位 ヤクルト

4位 阪神

5位 Dena

6位 中日

と予想しました。

 

それでは戦力を見ていきましょう。

 

1位 広島カープ

メンバー予想

1田中 (遊)
2菊池 (ニ)
3西川 (左)
4鈴木 (右)
5松山 (一)
6野間 (中)
7安部 (三)
8会澤 (捕)
9大瀬良 (投手)

三連覇中の広島カープの話題は何といっても丸外野手が抜けたことでしょう。

丸選手の代わりという形ではなく有望な選手が何人もいるのでみんなで補うことになると思います。

長野選手が巨人から移籍してきましたがあれほどの選手が準レギュラー的ポジションになる選手層は相当厚いですね。

逆に準レギュラー的ポジションだった野間選手、西川選手がレギュラーになり一年間通してどんな成績を残すでしょうか。

堂林選手、安部選手とサードを争い、期待されている3年目の坂倉、パティスタと注目株がたくさんいます。

投手陣も駒がそろっていてかなり厳しい戦いになると思いますがファンの熱気と経験によって4連覇を達成すると予想します。

注目選手

注目選手はアドゥワ誠投手です。

3年目の21歳でナイジェリア出身の父と日本人の母を持ち、母は元バレーボール選手であることから身長は196㎝。

開幕は絶望ですが昨年は6勝をあげ今年はさらにブレイクとなるか注目したいです。

 

2位 巨人

メンバー予想

1吉川 (二)
2坂本 (遊)
3丸 (中)
4岡本 (一)
5陽 (右)
6亀井 (左)
7田中 (三)
8小林 (捕)
9菅野 (投)

こちらも強力打線です。

広島カープの菊池選手に匹敵するともいわれる吉川が二塁に定着すれば心強いです。

ビヤヌエバが出遅れるが痛いですね。

炭谷捕手が移籍してきて阿部選手も捕手に戻るようですし、誰が正捕手になるのでしょうか、それとも併用で行くのでしょうか?

岡本選手は去年3割30本100打点をクリアしましたが同じような成績を残せるか。

投手陣は菅野投手が絶対的エース。

実績のある田口、メジャーリーグ経験の上原、岩隈が出遅れるのはイタイです。

期待の若手畠投手やヤングマン、メルセデスの両外国人が活躍できるかがカギだと思います。

注目選手

主砲岡本選手に注目したいと思います。

去年ブレイクしてからのマークされての今年の成績はどうなるか。

このまま右肩上がりに成績を上げ日本の主砲へとなっていくのでしょうか。

 

3位 ヤクルトスワローズ

メンバー予想

1坂口 (一)
2青木 (中)
3山田 (二)
4バレンティン (左)
5雄平 (右)
6村上 (三)
7廣岡 (遊)
8中村 (捕)
9小川 (投)

トリプルスリー3回の山田選手とバレンティン選手の成績が重要です。

廣岡選手も長打力があり西浦選手、村上選手らとポジションを争います。

村上選手が19歳にして主力として抜てきされるようで清宮世代のトップを走っていくのでしょうか。

投手陣はブキャナン投手、原樹里投手らが期待通りの活躍をできるのかが重要です。

注目選手

塩見外野手に注目です。

外野手人の高齢化が課題で25歳の塩見選手がオープン戦で株を上げました。

 

4位 Denaベイスターズ

メンバー予想

1楠本 (中)
2ソト (二)
3宮崎 (三)
4筒香 (左)
5ロペス (一)
6伊藤 (捕)
7大和 (遊)
8今永 (投)
9桑原 (中)

横浜は4位と予想しました。

助っ人外国人ソトが大当たりで41本の本塁打を放ちました。

強打の二番に入り屈指の打線となると思います。

楠本選手がオープン戦で首位打者に輝きました。

横浜の特徴は投手を8番におく打線です。

昨年は投手を代打として送り込むなどラミレス監督の采配も見ものです。

下位打線が物足りない気はしますが横浜は左腕王国で投手陣は比較的良い分4位と予想しました。

注目選手

高卒3年目の細川成也選手に注目したいです。

ルーキー時代から公式戦初安打・初本塁打・初打点・初得点を記録するなど頭角を現しました。

三年目で本格的に開花するのか期待したいです。

 

5位 阪神タイガース

メンバー予想

1木浪 (遊)
2近本 (中)
3糸井 (右)
4大山 (三)
5福留 (左)
6ナバーロ (一)
7糸原 (二)
8梅野 (捕)
9メッセンジャー (投)

金本監督から矢野監督が変わりました。

高山、中谷、北条などの金本チルドレンが上手く機能してこなかったことが悔やまれます。

しかし今年は1,2番のルーキーコンビが活躍し4番の大山選手がもう一回り大きくなれば面白いのではないでしょうか。

糸井、福留のベテラン、外国人ナバーロが挟まって面白い打線だと思います。

鳥谷選手がスーパーサブになるぐらいの戦力になると順位も上がってくるかもしれません。

投手陣は藤浪投手の復活が期待されています。

中日から移籍してきた昨季13勝をあげたガルシア、オリックスから移籍した西投手が支えていけば強いと思います。

注目選手

江越選手に注目したいと思います。

身体能力がとても高く首脳陣の期待も高く3割30本30盗塁できるポテンシャルもあるようです。

フルで出場したときにどんな成績を残すか見てみたい選手です。

6位 中日ドラゴンズ

メンバー予想

1大島 (中)
2京田 (遊)
3平田 (右)
4ビシエド (一)
5アルモンテ (左)
6高橋 (三)
7亀沢 (ニ)
8加藤 (捕)
9笠原 (投)

ビシエド、アルモンテがどれだけ打点を稼げるか。

期待されていた高橋周平選手が昨年100試合100安打10本塁打を突破しやっと才能開花を感じさせました。

昨年は二塁に入ったことによって打線の層が厚くなったような印象を受けましたが今年は三塁へ戻ります。

アーチスト福田選手の出場機会が減るのは少し残念。

遊撃手は脚力のある京田選手が入ると思います。

加藤選手が正捕手争いに名乗りを上げました。

ソフトバンクホークスの甲斐選手が「甲斐キャノン」と呼ばれその強肩が話題になりました。

それにも筆頭する強肩だそうで正捕手争いに終止符を打つのでしょうか?

投手陣はケガもあって駒が足りない印象です。

小笠原投手、藤嶋投手など期待の若手が遅れるのはイタイです。

松坂投手が復帰すれば盛り上がりそうな気はします。

ベテラン吉見投手、山井投手、大野投手がどれだけ白星をつけられるかが重要です。

注目選手

昨季は二軍で93試合に出場するなど経験を積みました。

愛知県出身で地元のスターへのきっかけをつかむか注目したいです。

 

 

というわけで今回は2019年プロ野球順位予想セリーグ編でした。

また答え合わせするときが楽しみです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。