新しいSNSが台頭  時代を感じながら生きる

 

米国スタートアップ界で話題の次世代SNS「Clubhouse」になぜ100億円以上も時価総額がつくのか? | TechCrunch Japan

 

先日新しいSNSがビジネス界隈で話題になっているというニュースが飛び込んできました。

SNSは現代においてどんな人にとっても生活のなかで大きな存在となっているのではないでしょうか。

 

ライフスタイルのなか向き合っていくのか、ビジネスとして向き合っていくのかなどSNSとの向き合い方も人それぞれだと思います。

 

時代の流れに乗る

自分の興味のあることでもいいですがやはり時代の流れにあったことを始めたほうがよいと言えます。
とくにこれからは個として生きる時代とも言われています。
スポーツジムに通い始めたり、料理教室に通い始めるなど趣味的なことを始めるのもイイですが今の時代、副業などビジネス的な事を始めるということも大切かもしれません。
そうゆう意味でも自分の好きなことをネットで発信していくことの方が熱量が伝わり、継続できて良いかもしれませんね。 引用:minorife 新年度がスタート 新時代の始まりに改めて意識したいこと7選

 

昨今の厳しい社会情勢のなか、したたかに生き残っていくために副業をする、その手段としてSNSを使うなどビジネスとして向き合っていくことも大切でしょう。

(話題にしているSNSがビジネスに向いているかなどは別として)

 

時代を感じながら生きる

あの時の過ごし方を今後悔している。

あの頃はまだtwitterなどのSNSなども普及してなかった。

携帯もあの頃はガラパゴスタイプの方が多かった。

今ほど情報が溢れていなかったので多少の影響はあるかもしれない。

「好きなことで生きていく」とかいう言葉も流行ってなかったしフリーランスなどの言葉も流行ってなかった。

最底辺だからといってまた卑屈になったんだろうしあまりにもバカすぎて世の中の広さを分からなかったんだろう。

「まだ若いんだからいつでもやり直しがきく、まして引きこもれる、帰ってこれる家があるんだから」といってとりあえず上京して何者にもならずに帰ってくるみたいなよくあるドラマのようなことをしてもよかったんだ。

引用:minorife 3.11から8年 あの日の自分

 

先日阪神淡路大震災から26年が経ったニュースを見ていて今年で3,11からも10年経つんだなぁなんてことも考えていました。

たらればを言うのはダサいですがあの頃にもっとこれからの時代のことを考えていればよかったと思うときもある。

 

 

ガラケーからアイフォンが普及してインターネットでのビジネスが流行って、今までメールを使っていたなかメッセンジャーアプリが当たり前になっていき、終身雇用が崩壊し、この業界が繁栄しこの業界が衰退する。

そのような時代の流れをちゃんと感じながら自分はどう立ち回っていくのかを考えればよかった、と。

 

常に変化しているから

出典:pixabay

加速度的に変化していく社会、一週間前の常識が今の非常識なんてことはザラにあると言われています。
日々を流れるように生きている人にはあまり実感のないことかもしれませんが何かを変えていきたいと思い行動していくということはそうゆう変化の激しい世界に飛び込んでいくことでもあります。
世の中では「今」この瞬間にも新しいアイディアが生まれ、新しいモノが生まれているのではないでしょうか。 引用:minorife 生きていくなかで「今」を大切にするべき理由

 

嫌でも時代と向き合わされているとは思いますがこの激動する社会のなかで今何が流行っていてこれから社会がどうなっていくのか、向こう10年はどのような社会になっていくんだろうなどとしっかり考えていくこともやはり大切です。

 

SNSが社会や個人のライフスタイルに大きく影響するなかで向き合い方を考えたいものですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。