二流、三流にスランプはないそうです

文章が書けない日々が続いている。

 

上記のような記事も投稿しこれもこれで感じていることたがやっぱり書いて書いてアウトプットしていくしかない。 

 

 

 

学んだままで終わってしまうことはよくあると言われており、自分自身もそのようなことで苦しんでいるからよく分かる。

 

 

 

二流、三流にスランプはない

これはスランプ、不調を訴える二流、三流の人間に対して苦言を呈した言葉。

どんな業界においても上手く行かなくなると実力のないやつに限って不調を唱えるというような旨だと思う。

 

書けないのは自分の実力不足

思考、行動、その他諸々が足りないからだ。

自分に実力がないからに他ならない。

 

高みを目指していきたいなら何事もそのように思うことができれば成長につながりそうです。

 

足にスランプなし。挨拶にスランプなし。

例えば野球界には゛足にはスランプ゛はないという常套句があるようです。(実際どうかは別として)

何かの調子が悪くても出塁をして足でチームに貢献することはできる。

 

挨拶にスランプなしなんてことも。

 

自分がどれだけしんどくてもなにかできることはある。

 

何かがスランプでもその間に他の何かを頑張れる

書くことが「しんどいな」と思っていても人に話すことで学んだことをアウトプット、気持ちの整理ができるかもしれない。

今仕事が辛くても、全力で休んで趣味を楽しんでまた仕事を頑張ってやっていけるように英気を養うことはできるかもしれない。

前を向き続けることが大切。

肝に銘じたいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。